病気の対策は日頃から|ノロウイルスに打ち勝つ体に変貌を遂げる|予防でバリア

ノロウイルスに打ち勝つ体に変貌を遂げる|予防でバリア

男性
  1. ホーム
  2. 病気の対策は日頃から

病気の対策は日頃から

ウィルス

感染経路を消毒

二次感染の心配があるノロウイルスは、感染者の嘔吐物に含まれるウイルスを吸い込んだり、接触が主な感染経路です。特に病気対策が必要なのは集団施設で過ごす場合で、子供や高齢者は胃腸炎でも重症化しやすく、予防が何より必要です。周りの誰かが感染している場合、消毒液としても市販されるエタノールでの消毒や殺菌などは、予防の効果にあまり期待ができないのも新型の特徴の1つです。普段からの手洗いやうがいはポイントで、対策として習慣付けられる手軽さからも支持されています。固形より液体石鹸が適しており、またエタノールではなく、市販もされている家庭用塩素系漂白剤で接触した部分を消毒することも行動として評判です。感染予防は周囲に迷惑をかけない利点となり、消毒液も手に入りやすく、流行する前から予防できる点で人気を集めています。

調理や食品に注目

ノロウイルスに感染する主な原因として、ウイルスの感染例の多い食品を摂取することにあります。2015年の秋頃、過去に検出されたことのないノロウイルスが発見され、その翌年の冬から新型が流行する可能性も警告され、予防の重要性が指摘されています。中でも、栄養価が高い牡蠣やハマグリなどの二枚貝には注意が必要で、生牡蠣からの発症率が比較的高く、湯通しではなくしっかり加熱することが大切です。また、調理に使用したまな板や包丁などにもウイルスが付着していることもあり、食器洗い洗剤などで日頃から予防が必要です。食事作りに使う生鮮食品を洗浄することが、ノロウイルスの感染経路を抑えられる点で、最近では野菜などまで洗える洗剤も市販されています。水や貝殻など、口に含んでも安心・安全性の高い洗剤から、食器洗い用でも野菜などが丸洗いできる記載が表示されています。