一般的な方法では不安も|ノロウイルスに打ち勝つ体に変貌を遂げる|予防でバリア

ノロウイルスに打ち勝つ体に変貌を遂げる|予防でバリア

男性
  1. ホーム
  2. 一般的な方法では不安も

一般的な方法では不安も

マスク

このウイルスの特徴

ノロウイルスによる食中毒は、毎年メディアで見かけるほど頻度も多く、規模も大きくなりやすいのが特徴です。ノロウイルスは1968年にアメリカで初めて検出されてから、世界各地で発生報告が成されている有名なウイルスです。日本では多い年で、一月で百件を越す食中毒事件を引き起こしていますね。この感染力の強さは抜群で、2006年には、その年に発生した食中毒の内、70%がノロウイルスによるものという報告が成されたこともあります。嘔吐や下痢と言った消化器官の異常とともに、発熱と言った症状が現れます。致死性は高くはなく、健康な人なら無症状、軽症で済むことも多いのですが、抵抗力の弱い子供やお年寄りでは重篤化する危険性が高くなります。その予防については、アルコール耐性を有するなど厄介な面があります。

防ぐための手段とは

ノロウイルスへの感染防ぐ為には、予防のためには手洗いやアルコール消毒が重要なのですが、ノロウイルス逆性石鹸やアルコールに耐性があり、殺すのではなく洗い流すのが手段となっているようです。有効な予防手段は手洗いでノロウイルスを極力洗い落とすこと、そして加熱消毒と次亜塩素酸の適切な利用となっています。食材はできるだけ火を通し、食器や調理器具も煮沸、次亜塩素酸を含む製剤の利用が推奨されています。加熱処理については85度〜90度で90秒間、火を通すことが推奨されていますが、これは食品の中心部でこの条件を満たす必要があります。次亜塩素酸は消毒剤や漂白剤として流通しています。ノロウイルスは通常のウイルスや細菌に比べて、予防方法に違いが有りますので、内容をしっかりと把握し、適切に取り組みたいものですね。